ネットバンクとゆうちょ銀行の特徴とサービス

新しい銀行と古い銀行

ネットバンクのいろは

ネットバンクの安全な使い方

先ほどネット犯罪について簡単に述べました。万が一被害に遭っても預金者に過失が無ければ全額補償してもらえますが、被害に遭わないのが一番好ましいです。またここで注意したいのは、預金者に過失があった場合は全額補償してもらえないということです。そこで、巧妙化する犯罪手口の被害に遭わないために、預金者本人に出来る事を紹介します。

まず、自分のパソコンにスパイウェアなどを入れないための対策です。ネットバンキングの利用に関わらず、インターネットを利用するのであれば、常に最新版のセキュリティソフトを入れておきましょう。また、心当たりの無いメールはむやみに開かないようにしましょう。メールを開くだけでスパイウェアがインストールされてしまう事があります。

次に、取引の際にIDやパスワードを盗み取られないための対策です。ネットバンクでは、パスワードなどを入力する際にはSSL暗号化通信が行われます。ブラウザ画面に鍵アイコンが出ているか確認しましょう。また、ソフトウェアキーボードがある場合は積極的に利用しましょう。

また、最近はフィッシングの被害がメディアでも取り上げられています。銀行を装いIDやパスワードを聞き出すメールには注意しましょう。またネットバンクのホームページでログインをする際には、偽のホームページでないかよく注意しましょう。正規のページをお気に入りに登録しておき、常に直接アクセスすると良いでしょう。

自己管理を徹底すれば、犯罪の被害に遭うリスクは格段に下がります。大切なお金なのだから、自分でしっかり守りましょう。