ネットバンクとゆうちょ銀行の特徴とサービス

新しい銀行と古い銀行

ネットバンクのいろは

ネットバンクのメリットとデメリット

最近なぜネットバンクが人気なのでしょうか?理由は2つのメリットにあります。

1つ目は、一般の銀行に比較して預金の金利が高く手数料が安いことです。ネットバンクは店舗の土地代や人件費などの経費が少なくて済むため、その分を顧客に還元出来るのです。高金利の定期預金を狙って、ネットバンクを口座開設する人も多いです。

2つ目は、手続きが簡単で便利であることです。ネットバンクの手続きはインターネット上で行うので、わざわざ店舗に行く必要が無く、順番待ちをする事もありません。また多くのネットバンクはメンテナンス時を除いて24時間365日利用可能で、同じ銀行の口座間の振込であれば即時に反映されます。

しかし便利な反面、デメリットも存在します。店舗が無いということは、顔を合わせて取引をする事がありません。直接顔を合わせて話す安心感を求める人にとっては、この点はデメリットと言えるでしょう。しかしこれは、多くの人は気にならない事でしょう。

もう一つ、これは個人の不注意によるものですが、IDやパスワードを忘れてしまうと本人でも一切操作が出来なくなってしまいます。万が一忘れてしまった時はコールセンターに連絡すればIDやパスワードの再発行をしてもらえますが、再発行が完了するまでは自分のお金をどうにも出来ません。

またネットバンクを利用するにあたって一番不安に思う事が、ネット犯罪による被害だと思います。近年、犯罪の手口はますます巧妙化し、注意していても不正にお金を取られてしまう事があります。しかし、銀行側も対策を強化しており、以前よりもずっと安全になっています。また万が一被害に遭っても、預金者に過失が無ければ全額補償してもらえるので安心です。